最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

院長&スタッフブログ

インプラントを使った矯正治療

2020年3月30日 (月)

一般歯科で歯を失った部分に入れるものとしてインプラントがあるのは

ご存知だと思いますが、矯正治療でもインプラントを使うことが

あるということをご存知ですか?一般歯科で使うインプラントとは違い

矯正専用の小さいインプラントです。一般的なブラケット矯正は、

奥歯などのしっかりした歯を固定源にして動かしたい歯をワイヤーで

引っ張るというものです。ですが、固定源になってる奥歯も引っ張られてしまいます。

そのため奥歯自体が前に動いてしまうリスクがあり、引っ張る力には限界があります。

そこで矯正用のインプラントを顎の骨に埋め込み、それを固定源にすることで

強い力で歯列全体を動かすことができます。

ソース画像を表示

 

インプラントのメリット

・インプラントが固定源になるため効率よく歯を動かすことができ、

治療期間を短縮することができる

・歯を沈める(歯茎側に持っていく)ことができる

・矯正装置の装着を最小限におさえることもできる

・矯正のために健全な歯を抜くことが不要となることもある

インプラントのデメリット

・インプラントを打つ手術が必要となる

・インプラント周囲を清潔にしておかないと腫れることがある

・脱落する可能性もある

 

インプラントを打つ手術はそんなに時間もかからず出血もほとんどありません。

麻酔をしているのでいくつか注意事項やインプラント周囲の磨き方も

注意しないといけませんが難しいことではありませんので心配いりません。

歯がきれいに並んだら装置を外すときに一緒にインプラントも外します。

 

※ 当院ではより多くの患者様に矯正の喜びを知っていただくため、ご家族、お友達をご紹介していただいた患者様に素敵な特典をご用意しております。

 

 

カテゴリー: スタッフブログ