最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

院長&スタッフブログ

セルフライゲーションブラケットについて

2019年9月10日 (火)

当院では、今までのブラケット矯正から新しい矯正治療装置として、

セルフライゲーションブラケットというブラケット装置を使用しています。

今回はそのセルフライゲーションブラケットについて紹介します。

 

●セルフライゲーションとは?

今までの矯正装置ではブラケットとワイヤーに固定するために

ゴムなどを取り付けて結紮していました。ですがセルフライゲーションブラケットは

ゴムなどを使わずにブラケット自体にキャップのようなものがついている

「自己結紮」の矯正装置です。

※結紮・・・ブラケットにワイヤーを固定すること

ソース画像を表示  ソース画像を表示

↑(従来のゴム結紮)      ↑(セルフライゲーション)

 

●セルフライゲーションブラケットの長所

1.痛みが少ない

従来のものはワイヤーを押し込んで結紮していたので

摩擦がかかっていましたが、セルフライゲーション法では

その摩擦力を抑えることができ、従来の装置に比べて歯にかける力を抑えながら

治療を進めることができる。

 

2.チェアタイムが短い

1つ1つゴムなどで結紮せずキャップの開閉だけでワイヤー交換が

できるので時間を短くできます。

 

3.清掃がしやすい

従来のものは曲げたワイヤーや結紮ゴムに汚れが残りやすかったですが、

セルフライゲーションブラケットはワイヤーを曲げたりしなくても歯を動かすことが

できるので、ワイヤーの形をシンプルにできます。

そのため食渣も残りにくく清掃しやすくなっています。

 

 

1つ短所として従来の装置に比べ少し口腔内での違和感がありますが、

自然と慣れてきて気にならなくなります。

当医院では従来のブラケットと同じ費用で装置を付けることができます。

 

 

※ 当院ではより多くの患者様に矯正の喜びを知っていただくため、ご家族、お友達をご紹介していただいた患者様に素敵な特典をご用意しております。

 

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフブログ