最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

院長&スタッフブログ

口腔内写真撮影ー明日に生かす治療の記録

2019年5月6日 (月)

えんどう矯正歯科クリニックでは定期的に口腔内写真を撮影します。目的は治療経過の記録や進行状況の確認ですが半年に1回は今後の診療の方向性を再確認するための資料の一部として行います。また大事な資料として矯正治療前、矯正治療終了時、と終了後2年時に行います。

 

撮影の際には口腔内は暗く見えにくいので口唇を広げて撮影します。特に難しい上下顎の咬合面はミラーを用いて行います。

 

写真撮影のポイントは規格性です。一人ひとりの写真が一連の流れに沿って撮影されていないと問題点がつかみにくくなるので1番注意しているところです。

撮影の際、口の開き具合は患者さんにより個人差がありますので唇を引っ張りすぎていると感じたりミラーが口腔内に入ることに抵抗感があったりされると思います。

それだけに患者様の協力にはとても感謝しています。こちらでも気をつけていますが気になる方はおっしゃってください。何か良い方法が見つかるかもしれません。

 

※ 当院では より多くの患者様に矯正の喜びを知っていただくため、ご家族、お友達を紹介していただいた患者様に素敵な特典をご用意しております。詳細はお気軽にお問い合わせください。