最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

院長&スタッフブログ

口腔筋機能療法(MFT)について

2019年10月29日 (火)

今年も10月16-17日の2日間、有楽町にて行われたMFTセミナーに参加してきました。

”どう活かす?MFT” というテーマで話を聞いてきました。

そもそもMFTとは口腔筋機能療法のことで、歯に加わる筋圧のバランスを整え、

歯列の正常な形態を維持する環境を得ることです。

歯列には舌や口唇、頬などの筋圧がかかっており、それぞれの

バランスにより影響を受けています。このバランスを整えることで

不正咬合や矯正治療の後戻りなどの原因となる口腔機能の問題を

改善し、歯列の正常な成長発育を促進するとともに、

健康な歯列を長期間維持するための環境づくりを目指します。

 

今回のセミナーに参加し、本来舌の正しい位置(スポット)は

切歯乳頭(上の前歯の裏の膨れたとこ)なのですが、受け口や

出っ歯の人などは治療を始める前は若干違うということに驚きました。

舌を奥から挙げて舌の先がついたところがその時の正しい位置になるそうです。

ソース画像を表示

当院でも必要があると判断した患者さんにはMFTを行ってます。

日々の家でのトレーニングが大切なのですがなかなか継続するのは難しい

みたいで苦労する面もあります。習い事などで忙しかったりすると

思いますが、テレビを見ているときやお風呂に入っているときなどの

時間を利用して継続するようにしましょう。

矯正装置がついてる間はいいかもしれませんが外した後、痛い思いをして

せっかくきれいに並べた歯が後戻りするのは悲しいですよね?

なので一緒に頑張って行きましょう。

 

※ 当院ではより多くの患者様に矯正の喜びを知っていただくため、ご家族、お友達をご紹介していただいた患者様に素敵な特典をご用意しております。