最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

院長&スタッフブログ

TCH 歯列接触癖

2018年11月17日 (土)

TCH歯列接触癖って聞いたことありますか?

TCHとは、Tooth Contacting Habitの略で、上下の歯を“持続的に“接触させる癖のことです。

普段リラックスした状態で口を閉じているとき、上下の歯の間には2~3mmの隙間があります。

話をしたり食事をしたりする際には上下の歯が接触しますが、一日当たりの接触時間は20分程度が正常だといわれています。

歯列接触癖があると、口の周りの筋肉が常に緊張した状態になっているため、かなりの負担がかかります。

くいしばりや歯ぎしり、噛みしめのようにグッと強い力で行わなくても、上下の歯が軽く触れているだけで口周りの筋肉が緊張し、疲労を生じさせるということです。

TCHが悪化すると顎関節症や頭痛、肩こりをはじめ、慢性的な歯の痛み、歯周病の悪化などを引き起こすリスクがあります。

tch

★TCHが起こりやすい場面

・作業に集中しているとき

・テレビを見ているとき

・パソコン、スマホをみているとき

・家事をしているとき

・精神的なストレスを感じているとき

★TCHのセルフチェック

・唇を閉じた状態で上下の歯を離そうとすると、一緒に口が開いてしまう。

・舌の先端などに歯で圧迫したような跡が残っている。

★TCHを改善するためには

・パソコンや洗面所、台所など目に留まるところに張り紙をして、見るたびに歯を離すようにする。

・スプリント療法

就寝中にマウスピースを着用することで無意識のうちにやっている歯ぎしりや食いしばりを改善する。

・矯正治療

噛み合わせの乱れによって顎間接に負担がかかっている場合は、矯正治療を勧められるケースもあります。

噛み合わせのバランスを調整することで、顎間節への負担が少ないキレイな歯並びを手に入れることができます。

 

日常生活において、歯を噛み合わせていることが多くないか気にしてみてください。

 

* 当院ではより多くの患者様に矯正の喜びを知っていただくため、ご家族、お友達をご紹介していただいた患者様に素敵な特典をご用意しております。詳細はお気軽にお問い合わせください。