最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

症例と治療方法

  • 患者様の声
  • 症例のご紹介
  • 院内ツアー
  • よくあるご質問
  • 求人情報
  • 院長&スタッフブログ
  • 不正咬合の種類

  • 矯正装置の種類

ケース別矯正治療

CASE1 - 叢生

歯の大きさと顎の大きさに不調和があると歯は重なってしまうためきれいに並びません。重なり合った永久歯に歯ブラシの毛先が届かなくなり、虫歯になって永久歯がだめになるということがあります。八重歯がこの歯並びの代表です。

CASE2 - 上顎前額(出っ歯)

上の前歯が出ているだけでなく下あごの成長が足りないこともあります。
転んだりぶつかったりして上の前歯を破損しやすいので、注意が必要です。

CASE3 - 下顎前突(受け口)

前歯が逆に咬んでいることで顎が疲れやすく、発音も不明瞭になりやすい噛合せです。受け口とも呼ばれます。重篤になると、手術が必要になる場合もあります。

CASE4 - 開咬

上下の歯がかみ合わず前歯に隙間があるのが特徴。
舌が突き出てしまうのを防いでるうちに会話と食事に困難をきたすことがあります。

CASE5 - 上下顎で成長のずれがある場合

上下顎で成長のズレがある場合、顎の成長が盛んな時期には、上あごと下あごの成長もコントロールすることができます。骨格を整えることができるため、大事な永久歯を抜かないで治療できる確率が高まります。しかし、成長期を過ぎると、顎の成長が期待できないので、抜歯をする確率が高くなります。上顎前突(出っ歯)反対咬合(受け口)など。

CASE6 - 外傷性咬合がある場合

部分的に咬み合わせが逆に咬んでいると、歯の破折や歯肉の退縮が起こりやすいので、永久歯の寿命が短くなります。

CASE7 - 舌癖がある場合

低位舌や舌を前に出す癖があると、発音が不明瞭になりやすく、また咀嚼障害をおこしやすい。

装置別矯正治療

マルチブラケットによる矯正治療

すべての歯に、固定式の装置(メタルブラケット、目立たない装置)をつけて、個々の歯を精密に動かしていく矯正治療です。

舌側矯正治療

歯の裏側に装置をつけるために外見からはほとんど装置が見えにくい特徴があります。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯肉に植立することにより従来の方法では移動できなかった方向および精密な移動を可能にしました。この症例は上あごの前歯の正中が右へずれていたのを改善した例です。

※TAD臨床研究会編「インプラント矯正アトラス」より引用

マウスピースを用いた矯正治療

取り外しができる装置を歯の動きに合わせて作り直しながら少しずつ歯を動かしていく装置です。
取り外しができるので食事や歯磨の際、快適に過ごせるのがメリットです。ただ、装置には慣れが必要であることと、使えなければ歯は動きません。

外科的矯正治療

上あごと下あごの著しいずれ(前後、垂直、横方向)を伴うかみ合わせの改善には外科的に顎の長さを整える必要があります。

※日本臨床矯正歯科医会「歯並びと咬み合わせのガイドブック」より引用